トップ / 学校に付き物の怪談話

学校に付き物の怪談話

学校の怖い話に関して

内科

学校に伝わる怪談話について

学校に怪談話は付き物です。何故かどこでも、おどろおどろしい念をともなった怪談話がありますね。会社などに入っていない子供の内は平和で気楽であり、大変なものなど何もないなんてウソです。結局その話を聞いて、その目でそれに関連のある場所を見てみると、本当にそこが怖く思えてきます。意外に、屋上に入るなとか、ここに登るのは駄目など、学校で禁止事項になっていることには怖い話にまつわることが隠されていたりします。聞いたことがなくてもそういうことに関して言われたことだけは守っておいた方がいいかもしれませんね。そういう話を馬鹿にしていると、痛い目を見たりするものです。

色々な怪談を生み出す場

よく言われる学校の怪談。特殊なスペース、建物、また多くの人が過ごした歴史がさまざまな物語を生み出します。考えれば、二宮金次郎の像、理科室の人体模型、音楽室の音楽家の肖像画などはすべて人を模ったものです。昔から人形や人型には魂が宿るとか言われていますから、夜更けから未明にかけて二宮金次郎や人体模型は歩きだし、音楽室の偉大な音楽家たちは狭い額の中から抜け出そうとするのでしょう。学校が暗くなってからの長い廊下や、誰もいない教室、適度に区切られたトイレ、何も無くても暗くておそらくは怖いであろう空間が、建築構造上の膨張や軋みで色々な音を発生させ、今日も色々な怪談を生み出す場となっているのです。

↑PAGE TOP

© Copyright 学校の教育と家庭での教育. All rights reserved.